WEB制作環境はWindowsなのかMacなのか

WEBデザイナー、WEB制作会社の制作環境の定番と言えばMacです。
しかし、菅井デザインオフィスの制作環境がWindowsメインです。

デザインの仕事してるのにWindowsなのかよww、とか言われそうなのですが、これにはちょっと理由があります。
2001年頃までは、Macをメインとして使っていました。
20万のMacを買ったら10万円分のメモリーを追加で買えという時代です(笑)
MacOS9.0.6なんていうOSは非常に安定していましたが、それでも1日5回位は再起動をしていました。

そんな平穏な日を送っていたところに、MacOSXが発売され、ソフトの互換性が問題になり、OSXの中でOS9を立ち上げなければならないという面倒な事になり、さらにはWindows2000という超安定したOSの登場、さらには追い打ちをかけるようにWEBでの動画配信の案件が増えてWMVを扱う事が多くなったりで、Windowsに切り替えてから、ずっと今でもWindowsなわけです。

最近までは、WindowsとMacでは、ガンマ値(階調)が異なる為、色の表現が違いましたので、WIndowsで作ったWEBサイトをMacで見ると、色が白く飛んで、MacでつくったWEBサイトをWindowsでみるとのペっとした色になってしまうという、今考えればデタラメな話です。これもMacOS10.6では改善された模様ですが・・。

今では、メインの業務ではWindowsですが、打ち合わせの時や、自宅で軽い作業をする際はMacのノートパソコンです。やはりMacのノートの魅力はお洒落感と、コストパフォーマンスによる使い捨て感が良いです。

何でこんな記事を書いているかというと、実は業務用のパソコンの総入れ替え時期なので、この際Macに乗り換えようかと迷っていました。
予算はひと島(制作者一人あたりの作業スペース)40万円。

Macであればオシャレな、あのiMac5Kのそこそこのスペックが組めます☆
しかしWindowsであれば本体は適当に20万円程度にディスプレイはEIZOのカラーマネジメントモニターで構成できてしまいます。

WEBデザインをする人で、液晶ディスプレイなんて、所詮色は適当だから、制作環境に色など、さほどこだわる必要は無い・・などという方もいますが、やはりアウトプットに不安を感じたまま仕事するのはあまりよくありません。
ベージュの色で作っているのに、お客様にはピンクに見えるなんていうこともありますが、その時にここはベージュになっていますと、自信を持っていえる作業環境が必要です。

一時はMacの並ぶお洒落な職場を思い浮かべてニヤニヤしていましたが、やはり冷静の考えると、しばらくはWindowsでの作業環境になりそうです。。

ホームページ制作 菅井デザインオフィス

 

☆DROPBOX☆

先のブログでも紹介した、DROPBOXを、本格的に業務に導入することにした。
テスト期間で使い倒してみましたが、手放せなくなる予感・・。

理由は・・・
1.複数のPCでデータの同期がリアルタイムで行われ、しかも専用のクライアントソフトを利用するので、手間が一切かからない。

2.同期のスピードが速い

3.ファイルのリビジョン管理もオンラインで出来る。(ホームページ制作業者の悩みの種)

4.セキュアに優れている

5.アンドロイドOSでも使える

6.他のユーザーとデータ共有も簡単

7.Publicフォルダを使えば、他の人にデータを受け渡しも簡単

8.Photoアルバム機能を使えば、フォルダに画像を入れるだけで簡単フォトアルバムの出来上がり。

いろいろとテストをしてみたところ、動作に問題も無いようなので、業務で利用することにしました。
問題とえいば、クライアントソフトが英語なのですが
使ってみれば何も問題ありませんし、日本語ファイル名も問題なく使えます。

DROPBOXは、アップロードの速度が遅い・・・という意見もネット上ではあるようですが、私の場合約15GBのデータを、PC付けっぱなしで退社し、翌日出社時にはオンラインと同期が終了していましたので環境によるものと思われます。

また同一のLANにあればLan syncという機能で、ネットを通さず他のPCと同期ができるので、ほぼリアルタイムに同期します。(他ユーザーとの共有の場合も同様)

似たサービスで「Sugarsync」というサービスも有名ですが、こちらはファイル数に上限があり、私のような業種には残念ながら不向き。

まずは、無料アカウント(2GBまで利用可能)で試してみては?
DROPBOXはこちら

ホームページ制作 菅井デザインオフィス

さよならYahoo!!♪

Yahoo!がGoogleの検索エンジンにカムバック。

昨日ニュースでも報道されていました。

実はこの情報、ちょっと前から知ってはいたのですが、bingを使うと以前から言われていたので、半信半疑でした。
まぁ、こんな事で騒ぐのは、SEO業者か、HP制作業者くらいなもので、無くなってしまうわけではないので、だから何?・・。といった感じだと思います。

とは言うモノの・・ニュースを見て、青ざめてしまった方も多いのではないでしょうか。
ここで困るのは、HP運営をしていて、Yahoo!では上位で表示されているがGoogleでは弱い。というサイトの運営者ということになります。

ちなみに私のクライアント様で、悪影響がでるサイトは、0%です。
いろいろな意味で、私的にはラッキーとしか言いようがない・・というのが本音です。

横浜ホームページ制作 菅井デザインオフィス

企業情報の取り扱いについて

プライバシーマークというのをご存じでしょうか。

とある機関に審査を申請をして、審査が通れば使用許可がおりると言うもので、これを取得しているからといって、必ずしも個人情報が安全とも保証されるものではない。
現に某大手印刷会社が、数百万人規模の個人情報流出事故を起こしたにもかかわらず、プライバシーマークを取り消されていないのは、多額の賛助会費を納入する「賛助会員」だった・・というのは有名な話だ。
ここまでくると、高額な申請料は天下りにでも流れてんのか・・疑いたくなる。

さて、余談はここまでとして、個人情報もそうだが、私たちのような業種が、重視しなくてはいけないのは企業情報の取り扱い。
PCにPWをかけるとか、PCやサーバーにチェーンを巻くとか、物理的なことだけでなく、知り得た企業情報には十分な注意をしなくてはいけない。
これは、業務にかかわるスタッフすべてにおけること。

私の勝手な見解かもしれませんが、ホームページ制作業者だけでなく、広告代理店等は、かなりこの辺が甘い気がします。
「そんな事喋っちゃっていいのかよ!」という話をよく耳にします。

菅井デザインオフィスのクライアント様はご存じのように、必ずNDAを締結。
内容に関しては、携わるスタッフと必ず内容の確認を行います。

私たちは、少なくとも技術屋なので、他社には知られたくない情報もありますし、皆様の会社も同様だと思います。
ホームページ制作業者に仕事を依頼するときは、機密保持誓約書(NDA)を、まずは確認することを忘れずに。

ホームページ制作横浜 菅井デザインオフィス

ゴロ寝は危険

わたくし、本日お休みさせていただきます。

先週の土曜日の事、床で寝てしまったのですが、
ひどく寝違えてしまって、立ち上がることすら出来なくなりました。
挙げ句の果てに、足にまで来てしまい、一週間たった今でもびっこ引いてます。

基本的に、電車とかでは全然眠れないのですが、
以前から寝ずに仕事していて、いつの間にか意識不明・・・なんて習慣があったせいか
自宅とか、事務所では、平気で床に寝転がって寝てしまいます。

とにかくもう床にゴロ寝は懲りました。
というわけで、休養いただきます。

ホームページ制作横浜 菅井デザインオフィス